自己責任論こそが日本人を守る

左翼メディアの「リテラ」が田母神俊雄やデヴィ夫人を「クズ」と罵っている。

家族への謝罪要求、経歴暴露…イスラム国事件で後藤さんを攻撃する“クズ”たち 2015.01.31 リテラ

 膠着するイスラム国人質事件。

事態が長期化するなかで、再び自己責任論が盛んになり始めた。たとえば、タレントのデヴィ夫人が29日に自身のブログに書き込んだ内容がネット上で話題となっている。

スポンサーリンク

「不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たらいっそ自決してほしいと言いたい」

「そもそも殺害されたと言われている湯川遥菜さんと後藤健二さんがイスラム国に捕まっていなければこんなことは起きなかったのです」

しかも、デヴィ夫人は後藤さんの母親まで、こう辛辣に批判した。

「たびたび後藤さんのお母様がマスコミに登場していますが、私は腑に落ちません。(略)自分の息子が日本や、ヨルダン、関係諸国に大・大・大・大迷惑をかけていることを棚にあげ、ひたすら安倍首相に『あと24時間しかありません。助けて下さい。』と訴えているのは、どうかと思います」

いったいこの人は何をいっているのだろう。

後藤さんは加害者ではなく、日本人が見向きもしない戦争の悲惨さを報道してきたジャーナリストなのだ。戦地の子どもたちの置かれている状況を熱心に伝えようとし、今回、シリア入りしたのも先に拉致された湯川さんの救出のためだった。

インドネシア大統領の第3夫人として贅沢三昧したあげく、クーデターが起きて夫が失脚したとたんに逃げた人間に、どうして「自決」などと言う資格があるのか。

~中略~

しかも、ネトウヨたちは石堂さんと後藤さんの名字が異なることを理由にして、後藤さんが「在日」であるという無根拠な情報を流布させはじめた。

これに乗っかったのが、元航空幕僚長の田母神俊雄で、先日、本サイトでも指摘したように、ツイッターで「ネットでは在日の方で通名を使っているからだという情報が流れていますが、真偽のほどは分かりません。

マスコミにも後藤健二さんの経歴なども調べて流して欲しいと思います」などと、元自衛隊幹部とは思えないような発言をしたのだ。

デヴィ夫人に「自決」を語る資格があるかどうかは別として、その主張は決して間違ってはいない。

また田母神俊雄の「人質が日本人であるか否か」という発言は、不謹慎でも何でもない。

tamogai20150202

スポンサーリンク

何故なら後藤健二氏が日本人でないならば、日本が交渉に応じなければならない理由が全く無くなるからだ。

そのような可能性があると思われるのであれば調査してはっきりさせるべきだと述べているだけである。

大量虐殺犯罪者集団のイスラム国の目的は、最初から身代金でも囚人の解放でもなく、日本の世論の揺さぶりだったという可能性が高い。

現実的に考えれば2億ドルなどという身代金を日本政府が支払う筈もなく、解放の条件をヨルダンの囚人解放に変更した後も、ヨルダンにとっては肝心のパイロットの安否を示す事すらなかった。

「ヨルダン政府の対応が遅いためだ」などの書き込み TBSニュース

「イスラム国」の支援者からとみられる書き込みには、「日本人の殺害は、ヨルダン国民の怒りを高めるためだ。特にパイロットのカサスベ一族の怒りを高めてヨルダン政府に圧力をかけ、次の声明を出すまでにパイロットとの人質交換を出来るようにするためだ」として、ヨルダン政府に対し、リシャウィ死刑囚とヨルダン人パイロットとの人質交換を早く行うよう要求しています。

その上で、「この殺害は日本政府の外交政策に強いダメージとなる。そして、この殺害はヨルダンと日本との関係を壊す。なぜなら今回殺害が行われた直接の原因は、ヨルダン政府の動きが遅かったからだ」として、後藤さんとみられる男性が殺害された理由は、人質交換をめぐるヨルダン政府の対応が遅かったためだと主張しています。

イスラム国の目的は、日本の世論を操作して政府のイスラム国周辺の国家に対するあらゆる支援を阻止する事だ。

事件発生の当初は、日本国内では人質解放の為に身代金を払う事に対しての是非が問われていたが、日本の世論の過半数が自己責任論に傾いていると分かったイスラム国は、焦点を日本とヨルダンの関係に絞り、両国の関係を少しでも悪化させるという戦略に切り替えてきた。

しかしながら、両国が冷静な対応を行った為でそのもくろみは外れた。

一度犯罪者の脅しに屈すれば、彼らは更に要求をエスカレートさせる。

それは中韓の外交や日本国内の犯罪者でも同様である。

日本の世論の過半数が自己責任論に傾いている事が大きな救いであり、それこそが長期的には今後の日本人の安全を守って行くのだと思う。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ