札幌市アイヌ官製談合 マスゴミは金子快之市議のお手柄を徹底黙殺

決して触れてはならなかった日本の暗部にようやくメスが入りそうだ。

札幌市長「信頼損ねた」と謝罪 官製談合疑惑で 産経ニュース 2014.12.25 18:35更新

札幌市のアイヌ施策課が平成21年度以降、特定業者に業務発注を繰り返し、官製談合疑惑が浮上したことを受け、上田文雄市長は25日、「市民の信頼を大きく損ね、深くおわびする」と謝罪するコメントを発表した。

スポンサーリンク

 上田氏は「法令違反の疑いがあり、警察と相談中だ。事実関係の解明に全面的に協力し、再発防止と信頼回復にも全力で取り組む」としている。

 市によると、この業者との契約は本年度までに計12件、総額約700万円に上る。15年12月にアイヌ関連施設が開館する際、印刷物を監修した関係者らが業者を推薦。

その後、指名競争入札などで正規手続きを踏まず、この業者との契約が慣例化した。この間、約20人の職員が契約手続きに携わり、担当の部長や課長が決裁していたという。

ネットニュースでは読売・産経・北海道新聞がこの件についてさらりと報道しているが、自らの身を危険に晒してまでこの疑惑を徹底的に追及してきたのは一体誰であったのか、徹底的に黙殺しようとしている。

アイヌ官製談合、ついに札幌市幹部が認めて謝罪。アイヌ利権の闇は深い 札幌市議会議員 金子やすゆき オフィシャルホームページ 2014年12月25日

スポンサーリンク

kanekoyasuyuki

金子やすゆき札幌市議とは他でもない、先だってのアイヌ民族に関する発言内容でマスゴミや市議会のみならず所属会派の自民党からも袋叩きにあい、会派離脱勧告を受けその後には市議会から賛成多数で議員辞職を求める決議が可決された人物だ。

【金子快之札幌市議のアイヌ発言で続く袋叩き】

【札幌金子市議に自民会派が離脱勧告】

マスゴミがゴミなのは周知の事実だが、札幌市議会もゴミの集まりだったようだ。

地方議員の大部分は、政務活動費を使って有権者に媚を売りながら次の選挙に対する選挙活動ばかりをしているような「仕事をしているフリ」をして血税を掠め取るゴミばかりだが、金子快之市議は我が身をかえりみず、巨悪を斬ろうと戦う本物の政治家だ。

アイヌ発言であれだけ騒いだクソマスゴミは、今度は金子市議の主張の全容と活動内容をしっかり報道しろ!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ