植村隆の継続雇用を決めた北星学園大学

北星学園大学への進学を考え、これからこの大学の事を調べようと考えている受験生やその父母はこの大学が非常に偏った思想を学生に擦り込んでいることを認識した方が良い。

【朝日新聞強制購読 札幌市北星学園大学】

朝日新聞の購読者であり「朝日新聞最高!!」と思っている方には最適な大学なのでこの大学への進学をお勧めするが、それ以外の方にはお勧め出来ない。

スポンサーリンク

北星学園大、元朝日新聞記者の講師契約を継続 関根和弘 2014年12月18日01時45分 朝日デジタル

慰安婦問題の記事を書いた元朝日新聞記者、植村隆氏(56)が勤める北星学園大(札幌市厚別区)は17日、植村氏との非常勤講師の契約を来年度も継続することを発表した。植村氏はすでに更新を打診され、受け入れる意向だという。

 北星学園大には3月以降、植村氏が朝日新聞記者時代に書いた慰安婦問題をめぐる記事は捏造(ねつぞう)などとする電話やメールが相次いだ。

5月と7月には植村氏の退職を要求し、応じなければ学生を傷つけるとする脅迫文も届いた。

10月には、大学に脅迫電話をかけたとして60代の男が威力業務妨害容疑で逮捕された。

もちろん、このような大学に対する暴力を前提とした脅迫は許されるものではなく、保守の正当なる主張に泥を塗るこのような凶行は根絶やしにされるべきだと思う。

スポンサーリンク

uemuratakasi

しかしながら、植村隆は言論人として言論によって戦うべき職種の人間にも関わらず、記者会見どころか取材からも逃げ続けている。

挙句、アメリカのニューヨークタイムズを使って被害者面で自分達は国家権力によって弾圧されていると叫んでいるのである。

政治家は「われわれをいじめて黙らせようとしている」 慰安婦記事書いた元朝日記者の言い分に「被害者ぶるな」の声2014/12/ 4 19:17 J-CASTニュース

朝日新聞で慰安婦問題の記事に関わった植村隆氏がニューヨーク・タイムズの取材に応じ、安倍晋三首相ら国家主義的な政治家について「彼らはわれわれをいじめて黙らせようとしている」などと述べ、朝日新聞や自身への攻撃を批判した。

記事は波紋を広げたが、言い分に賛同する声は少なく、「被害者ぶるな」と批判が集まっている。

このような卑怯な男から何を学ぶべきだというのだろうか?

植村から国家を貶めて自分の利益を享受する売国的な思想を学びたいのならば北星学園大学はもっともお勧めしたい大学だが、普通の人が通う大学としては卒業時の就職云々などの事も考えるとハードルが高すぎると言えよう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ