比例で当選した池内さおりは公職選挙法違反の疑い

田母神俊雄と同じ東京12区で出馬した共産党の池内さおりは、小選挙区では落選したが比例で復活当選した。

こんなのが国会議員になってしまった・・・と今更嘆いても遅いのだが、池内さおりは保守系デモに対して、しばき隊などのカウンターデモ勢力に混じって「お前らがアホや!」などと連呼し、安倍総理の顔が入ったドラムを叩くなど品の無いパフォーマンスを行っている。

5:00過ぎから

スポンサーリンク

ikeuti01

2014y12m17d_012729752

2014y12m17d_012740528

スポンサーリンク

ikeuti02

候補者名
党派得票数得票率
太田昭宏 公明88,499票41.6%
池内沙織共産44,721票21.0%
青木愛生活40,067票18.9%
田母神俊雄次世代39,233票18.5%

しかし、彼女は公示前の11月25日に党名と氏名の書かれているたすきを掛けて活動していた。

2014y12m17d_004710404

■たすきの使用
氏名や氏名が類推される事項を表示した「たすき」を着用し、街頭演説等に立つことは文書図画の掲示となり行うことはできません。

氏名を表示した「たすき」は、選挙運動期間において公職の候補者に限り使用することができるものであることから、事前運動の禁止に抵触する恐れもあります。

後援者を集めて実名入りのタスキを掛け、事前活動をしていたのならば違法だろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ