みんなの党から民主へ鞍替えの山内康一は埼玉13区から出馬

みんなの党の解党に伴い、民主党に鞍替えした山内康一は埼玉13区(春日部市・久喜市・蓮田市・白岡市・南埼玉郡)から出馬する。

なじみ薄い選挙区、公認遅れ…焦るくら替え組

衆院選直前に、所属政党を変えた「くら替え」組の立候補予定者は悪戦苦闘している。

スポンサーリンク

 衆院解散から初の日曜日の23日、みんなの党を離党し、民主党入りした山内康一氏は街頭に立たず、イスと机だけのがらんとした埼玉県春日部市(衆院埼玉13区)の事務所にいた。

 民主党内の選挙区調整の結果、埼玉13区で出馬の方向となったが、「駅前に来たことがある」程度でなじみは薄い。街頭演説の場所などを、地元市議から手取り足取り指南を受けた。

ここは私が選挙権を持つ選挙区だが、この男には絶対に投票しない。

yamautikouiti

■山内康一の主な政治思想

・選択的夫婦別姓制度導入に賛同

・少年犯罪が激増・凶悪化している」という、マスメディア(主に民放テレビ地上波放送)の報道に対して批判的

・多文化共生社会の推進

・脱原発推進

・護憲派

何一つ支持できるものがない最悪の野郎だ!

しかも過去にブログでこんな発言をしている。

スポンサーリンク

嫌韓とか、反韓とか

この記事の要旨は以下の通り

■山内康一の反日主張

1.中国や韓国に対する批判本が売れているのは日本人の知的水準の劣化

2.中韓の国家元首が反日だからといって、親日家もいる筈であるから国民全体を批判すべきではない

3.韓国は民主主義機能している国なので、韓国の世論を親日的にする努力が重要

4.大東亜戦争時にアメリカ本土を統治する為に英語を研究していなかった点で日本人は愚か、そのメンタリティーはそのまま進歩していない

なるほど、どこまで国民をコケにすれば気が済むのだこの男は?

しかもこの要旨の4つ全てが事実の誤認に基づいている。

1.批判本が売れているのは隠された真実を知ろうとする、騙され続けてきた国民の知識欲による。

2.中韓は国家ぐるみで反日教育をやっている。 元首だけでなく国民は大部分が反日である。 我々日本人が彼らを批判するのは、彼らが反日であるからのみではなく、かれらの文化・風習が国際社会で忌み嫌われているほど常識外れだからだ。

3.韓国の民主主義が機能していれば親日罪など存在しない。

4.大東亜戦争はアジアを一括りとして欧米と対抗する勢力圏を作る自衛の為の戦いだ。 アメリカ本土の占領など想定していない。

バカなのか確信犯の売国奴なのか、帰化人なのかは知らないがこんな奴には100%投票しない。

民主党もろとも没落すればよい。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ