エボラの日本侵入を防ぐ方法

「大西哲光」オオニシノリミツや都内の60代の男性、そして関空でのギニア人女性のエボラ熱の疑いと、日本人の間でもエボラ熱に対する危機意識が高まっているが、政府の対応が不十分であるという反応ばかりを目にする。

中国や韓国などで感染、発症が起きた場合、かの国ではそれがエボラと認知できないか、認知しても事実を隠蔽する可能性がある為、第三国で二次感染したウィルスを防ぐことは困難だが、西アフリカからの直接の進入を防ぐのは意外と簡単かも知れない。

アメリカではオバマ大統領のエボラ対策が批判を集めているが、次のような対処でエボラウィルスをシャットアウトできると言う見解が出ている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「第二次大戦後、最低の大統領」と烙印を押されたオバマ(日経ビジネス)

それは以下の2点である。

・医療関係者は政府チャーター機で渡航させる。

・帰国した際は21日間の監視期間を設ける。

50~90%の致死率を言われるエボラ熱が二次感染した場合、2人に感染すれば一人は死亡する確率ということになる。

渡航者の人権と、日本で流行した場合に命を落とす人々の「命」のどちらが重いだろうか?

一つだけ間違いなく言える事、それは日本で感染が拡大してからでは手遅れだと言うことである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ