舛添要一 完全アウト!政治資金不正流用2412万円


舛添要一のドス黒い真実はマスゴミに黙殺され続けるが、いくら何でもこれは完全にアウトだろう。

東京都の舛添知事 政治資金で絵画、美術品の類896万円購入 事務所家賃も自宅に1516万円:計2412万円の支出

舛添要一東京都知事が、参議院議員だった平成23年と24年だけで、自分が代表を務める政治資金管理団体と政党支部から「調査研究費」の「資料代」と言う名目で画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の古書店などから物品896万円を購入していることが政治資金収支報告書の記載から分かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さらに舛添都知事はこの2つの団体(グローバルネットワーク研究会と新党改革比例区第4支部)と、もう一つの政治団体「舛添要一後援会」の事務所も自宅において、やはり自宅に作っている「株式会社舛添政治経済研究所」へ平成22年から24年に家賃1516万円を支払わせて自分にキャッシュバックし、合計で2412万円を支出する会計処理をしていた。

何とも分かりやすくお粗末なマネーロンダリングなのだが・・・。

猪瀬前都知事は5,000万円で辞職しているが、2,400万円なら問題ないと言い張るつもりだろうか。

1円たりとも不正流用など許される筈がない。

都議会は徹底的に舛添要一を追求せよ!

さもなくば東京都議達は全員存在価値ゼロの税金泥棒である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ