中国人夫婦 偽装結婚 定住資格を得る為に

また中国人による定住資格の不正取得絡みの事件である。

出生届悪用し、在留資格…中国人の女ら3人逮捕

虚偽の出生届を提出して在留資格を得ようとしたとして、警視庁が、横浜市の中国人の女(25)ら3人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕していたことが同庁幹部への取材で分かった。

スポンサーリンク

 女は自分の子供を偽装結婚した日本人との間に生まれたように装い、その後、再婚する中国人の男にも在留資格を得させようとしていたという。出生届を悪用して在留資格を得るケースは最近目立ち、同庁で警戒を強めている。

 同庁幹部によると、女は中国人の男(35)との間に生まれた男児(2)について、2012年10月29日、偽装結婚した日本人の男(30)との子供だとする虚偽の出生届を川崎市高津区役所に提出した疑い。

女はその後、日本人の男と離婚し、男児の父親の中国人の男と再婚する計画だったという。

2014y11m06d_203329767

スポンサーリンク

2014y11m06d_203313625

奴らの目的はただ一つ!

日本の社会福祉である。

巧妙に偽装結婚と虚偽の出生届の提出を実行されて、見破れないケースもある筈だ。

日本にとってほとんどの中国人は害悪である!

ヘイトスピーチ云々と言っている間にも着々と奴らによる国民の血税搾取が進んでいる。

サイパンの新生児の70%が中国人

「南太平洋の楽園」ともいわれる米自治領北マリアナ諸島連邦のサイパン島で、ある闇ビジネスが活況を呈している。中国人の妊婦が現地で出産し、米国籍を保有する新生児を母国に連れて帰るパッケージツアーだ。

こうして生まれた子供は「美宝(メイバオ)」と呼ばれ、ここ数年で激増。今やサイパンで出生した赤ちゃんの71%が中国系というから驚きだ。(西見由章)

中国人の危険性については、度々メディアでも報道されているが、日本の政治家達は放置、いや寧ろこの流れを加速させている。

一部の国民はこの事態に気付き、警鐘をならしているが、まだまだ大多数の国民はその危険性に気が付いてすらいない。

国民が気付き、声を上げなければ政治家も変わることはないだろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ