朝日が中高生用教材を配布

朝日作成の中高生教材、日本軍の残虐性強調 指導要領逸脱の指摘も

朝日新聞が今夏、沖縄戦について「日本軍は住民を守らなかったと語りつがれている」などとする中学・高校生向けの教材を作成して学校に配布し、教育関係者から「偏向的な内容で子供たちに誤解を与える」と批判の声が上がっていることが25日、分かった。

 戦争の悲惨さを伝える一方、日本軍の残虐性を強調する記述が多く、学習指導要領の趣旨を逸脱しているとの指摘もある。朝日新聞はこの教材を38万部作成したが、学校現場に適切かどうか議論を呼びそうだ。

スポンサーリンク

~中略~

だが、全体的に日本軍への批判的記述が目立ち、次のようなことが書かれている。

 「沖縄戦の教訓として『軍隊は住民を守らなかった』と語りつがれている」

 「(避難壕(ごう)の中で)日本兵は『子どもを泣かすと、始末するぞ』と怒鳴った。銃剣を突きつけてきた。日本兵が子どもを殺した、という話も聞いた」

 「(集団自決について)わたしは石で、母親を殴りつけました。兄とともに9歳の妹、6歳の弟を手にかけてしまったのです。(中略)わたしたちは『皇民化教育』や日本軍によって、『洗脳』されていました」

 朝日新聞はホームページなどで、この教材を「ご希望の学校に無料でお届けします」と紹介し、今年6月以降、順次配送していた。

スポンサーリンク

また、朝日新聞西部本社が九州各県の学校に案内文を送付し、「平和授業や修学旅行の資料等にご活用下さい」と呼びかけていた。

これに対し、学校現場の一部からは批判が上がっている。

熊本県の高校校長は「朝日新聞から8月、この教材とともに、希望があれば憲法や集団的自衛権について出前授業を行いたいという案内が送られてきたが、生徒を憲法改正反対に誘導するものと思わざるを得ない」と話す。

これは朝日のいうところの表現の自由なのだろう。

ちなみに朝日デジタルのサイトでは2014年5月2日に教育特集「知る原爆・沖縄戦」 無料で希望の学校に配布というタイトルで、この教材の告知がなされている。

これは慰安婦記事と吉田調書の誤報を認める以前に実施されていることであるが、朝日の捻じ曲がった歴史観の押し付け云々以前に、既に多くの国民に周知されるに至った朝日の反日売国捏造体制のもとに作成された教材を国民が信用する筈がない。

普通の日本人ならばこう思うはずだ。

そんな怪しげなソースのものを教育現場に持ち込むな!

しかも「憲法や集団的自衛権について出前授業を行いたい」などと言っている。

あれだけの捏造報道で日本に甚大な損害を与え続けている朝日新聞の出前授業を誰が我が子に受けさせたいと思うか?

国民を嘗めるのもいい加減にしろと言いたい!

朝日は慰安婦問題が解決するまでは、一切の教育活動から手を引くべきである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ