在日と国税徴収官の癒着


国税徴収官を逮捕=調査日程漏えい容疑―京都府警

知人に税務調査の日程を漏らしたとして、京都府警捜査2課などは23日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で、大阪国税局伏見税務署(京都市)の上席国税徴収官、佐土原桜茂容疑者(48)=同市山科区竹鼻扇町=を逮捕した。

同課は認否を明らかにしていない。

同課は同日夜、伏見税務署を家宅捜索した。

スポンサーリンク

同課は、佐土原容疑者が情報漏えいの見返りに金品を受け取っていなかったかなどについても調べを進める。

逮捕容疑では、佐土原容疑者は上席国税調査官だった昨年9月25日、知人の60代男性に対し、税務調査の日程を漏らした疑い。

スポンサーリンク

捜査関係者によると、知人は当時、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の京都府商工会支部の幹部だった。

税務調査は約1カ月後に予定されていた。佐土原容疑者は担当ではなかったが、日程を知っていたという。 

このニュースを見た時に「これはあかんやろう・・・」というのが最初の感想なのだが、こんなものは氷山の一角だろう。

国税関係者が税務調査の情報を漏らす事などあってはならないが、相手が朝鮮総連傘下となれば徹底的に取り調べる必要がある。

他の税務署でも同様の癒着が起こり得るのだから、警察には在日による国税への接近の手口まで調査し、芋づる式に実態を暴いてくれる事を期待する。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ