創価学会に人生を狂わされた奥大介

本日、サッカー元日本代表 奥大介氏が事故死するというニュースを目にした。

奥大介氏は女優の妻、佐伯日菜子へのDVなどの不祥事で転落の人生を歩んだという印象が強いが、どうやらそのきっかけには創価学会が絡んでいるようなのである。

奥大介、創価学会を拒否し職場イジメに遭っていた!佐伯日菜子はストレスのはけ口に

スポンサーリンク

妻・佐伯日菜子さんへの脅迫の容疑で元日本代表MFの奥大介さんが逮捕されましたが、暴言やDVを繰り返した背景にはストレスがあったといいます。

そのストレスの原因には、奥さんが所属していた横浜FCの創価学会包囲網があったと週刊新潮が報じています。

奥容疑者が逮捕されたのは6月6日。「今から殺しに行くから」と妻である佐伯日菜子さんを脅迫した疑いで神奈川県警に逮捕され、地元・尼崎市から移送されました。

女性自身によると、DVが日常化したのは’06年にマリノスから戦力外通知を受けたころからで、徐々にエスカレートしていったと報じられていますが、その原因の一つが奥容疑者の精神的な問題だといいます。

横浜FCの関係者はこう話す。

スポンサーリンク

「実は、昨年の夏前から大介はウツ状態だった。ウチは、サッカー業界では“創価学会のチーム”と言われている。オーナー会社の代表が熱心な学会員だからです。
チーム内には、入信しなければ出世できないような雰囲気がある。
それを嫌がって、やめたコーチやフロントスタッフは1人や2人ではない。大介も、“創価学会に入ったら、俺も一生メシが食えるワ”と苦り切った顔つきで口にしていたこともあった」

奥は、宗教活動に熱心なフロントと、それを煙たがる選手の間で板挟みになっていたという。

「一見すると、大介が反創価学会グループをまとめているように映ったのかもしれません。

そのために、上層部の反感を買い、職場イジメに遭うようになった。大介は精神的に追い詰められ、ウツからDVを引き起こすという悪循環に陥ってしまったのです」(同)

<週刊新潮>

日本では思想や宗教の自由が法の下に万人に認められている。

従ってまともな起業であれば、職場に政治思想や宗教を持ち込むのはタブーである。

そのまともな考え方が通用しないのが芸能界やプロスポーツ界と言う訳か。

この奥大介氏の転落の人生こそが、我々国民に隠された反日の実態である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ