地方議員など目じゃない 小渕優子経済産業相

このところ地方議会での政務活動費の不正支出の問題がクローズアップされているが、やはり・・・というべきか国会議員や大臣ともなるとその不正の規模が半端ではない。

<小渕経産相>観劇会差額2639万円記載なく説明もなく

ところが、同県選挙管理委員会に出された2010年と11年の政治資金収支報告書によると、両団体は両年とも10月上旬に約840万円ずつ支出。

スポンサーリンク

計約3381万円の「入場料食事代」が、政治活動費として明治座へ支払われた。

スポンサーリンク

これに対し、「観劇会」の収入は同後援会の報告書に記された計742万円のみで、振興支部には記載がない。

差額は約2639万円に上り、公職選挙法が禁じる有権者への利益提供の疑いも指摘されている。

小渕恵三元首相の娘でありながらのこの体たらくである。

一方で野党も民主党の蓮舫を筆頭に、国会では野党の不祥事の追及パフォーマンスにドヤ顔で終始しているだけだ。

日本の政界は「上から下まで右も左クズばかり」である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ