オランダも慰安婦をスケープゴートに

欧米が慰安婦問題で日本を叩くのは自分達が犯してきた帝国主義の負の遺産を隠す為である。

「強制売春、何の疑いもない」 オランダ外相発言 インドネシア慰安婦

オランダのティマーマンス外相は3日、第2次世界大戦中に日本軍が占領した旧オランダ領東インド(現インドネシア)での慰安婦問題は、「強制売春そのものであることには何の疑いもない、というのが我々の立場だ」と発言し、慰安婦問題を巡る謝罪と反省を表明した河野談話について、見直しを求める日本国内での動きを牽制…

スポンサーリンク

慰安所というのは統率を欠いた兵士が出征した戦地で強姦や略奪を働かないようにする為のガス抜きである。

朝鮮人や欧米、ロシアなど…というよりも日本軍以外は戦地で強姦や略奪など当たり前の時代の事だ。

スポンサーリンク

分かっちゃいるけど止められない日本叩き。

そりゃあ、自分達が犯した罪と向き合うつもりなど無いもんな!

日本だけが東京裁判のでっちあげにより、犯してもいない罪とひたすら向き合ってきたのである。

さらに追い討ちを掛けるように朝日などの反日メディアが東京裁判の自虐史観にのっとり、ありもしない日本軍の蛮行を捏造してきた。

日本の名誉を回復する為には慰安婦のみならず、でっちあげられた東京裁判の判決もしっかり検証すべきではないのか。

政府見解が云々は後で考えればよい。

少なくとも国民には真実を知らせるべきである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ