植村隆と不快な仲間達

慰安婦捏造報道の元凶である植村隆元朝日記者への脅迫文を受けて、不快な仲間達による植村隆応援団が立ち上がった。

<慰安婦>元朝日記者に応援団「脅迫文で講師辞めないで」

北星学園大(札幌市厚別区)に元朝日新聞記者の非常勤講師を辞めさせなければ学生に危害を加えるとの脅迫文が届いた問題で、作家の池澤夏樹さんら識者が呼びかけ人となり、解雇しないよう同大を応援する「負けるな北星!の会(マケルナ会)」が6日に結成され、東京都と札幌市で記者会見を開く。

スポンサーリンク

元朝日新聞記者の非常勤講師は1991年8月11日の大阪本社版社会面で元従軍慰安婦の証言を報道した植村隆氏(56)。

同大によると、植村氏は2012年4月から、非常勤講師として留学生向けの講義を担当。今年3月中旬から、植村氏の採用を疑問視したり辞めさせるよう求めたりする電話や電子メールなどが大学に届き始めた。

5月と7月には脅迫文が届いたほか、「大学を爆破する」との脅迫電話など、1日に数十件寄せられる日もあったという。

こうした状況に「脅しによる解雇が通れば、私たちの社会をも脅かすことになる」と案じた札幌市内の女性が9月、同大を応援するメールを送るよう知人らに提案。支援の輪が広がり、会の発足につながった。

スポンサーリンク

池澤さんのほか、山口二郎法政大教授らも呼びかけ人となり、2日現在、上田文雄札幌市長ら100人以上が会の趣旨に賛同している。

20141003

予想通りこれで植村隆陣営は完全に言論弾圧されたとの被害者モードに入った。

そもそもこんな脅迫などしても意味が無い。

既に植村隆は遅すぎたマスゴミの報道により国民の注目を浴びており、北星学園大学にしろ朝日新聞との癒着が国民に周知される事となっている。

北星学園大学に子供を通わせているのはアッチ系の人が多い筈だし、そのようなレッテルを貼られたくないのならば、学生達の父兄が何らかのアクションを起こすべきなのである。

ひょっとたら父兄からそのような声が上がっている事に対処する為に、脅迫を自演して暴力には屈しないと宣言する作戦なのかも知れないが、真相は闇の中だ。

奴が大学をクビになろうがなるまいが、暴力ではなく言論と法により叩きのめすチャンスなどいくらでもある。

我々国民が求める事はただ一つ、植村隆の証人喚問である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ