朝日と赤旗の言い逃れの先には


吉田証言を基にした捏造記事に対して相次いで誤報と認めた朝日と赤旗だが、性懲りも無く河野談話の正当性を主張し続けている。


慰安婦吉田証言、赤旗も取り消し 河野談話は「正当性揺るがず」

共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が27日付で、「慰安婦狩り」に関わったとする故吉田清治氏の過去の記事を取り消し、謝罪した。朝日新聞の虚偽報道を受けた対応とみられ、党のホームページにも掲載した。

 赤旗によると、対象の記事は平成4年1月26日号の日曜版と、5年11月14日付。4年1月17日付でも吉田氏の著書を取り上げた。27日付の紙面では赤旗編集局名で「『吉田証言』は信ぴょう性がなく、本紙はこれらの記事を掲載したことについてお詫(わ)びし、取り消します」とした。

スポンサーリンク

 同時に「歴史を偽造するものは誰か」との論文も掲載した。慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」は吉田証言を根拠にせず、「談話の正当性はいささかも揺るがない」と強調。「『河野談話』攻撃の大キャンペーン」と産経新聞などを批判する一方で、「異常な『朝日』バッシングが続けられている」と朝日新聞を擁護した。

なるほど、慰安婦の強制性の根拠は他にあるから吉田証言と河野談話は関係がないといういい訳である。

しかしながら、彼らが河野談話を擁護しようとすればする程、矛先はある方向に向かって行く筈だ。

それは済州島での慰安婦聞き取り調査だ。

スポンサーリンク

週刊新潮・河野談話を出世の踏み台にした「福島瑞穂」売国の履歴書
週刊新潮2014.7.3号

20140829

~要約~

福島瑞穂と朝日新聞元編集員松井やよりは、92年にソウルで開かれた『アジア連帯会議』を仕切っていたが、その会議の内容がとんでもないものだった。

1.元慰安婦とされる女性たちが、韓国人や日本人のスタッフに事前に話す内容を仕込んでいた。もちろん内容は日本軍と日本政府の糾弾である。

2.事前の仕込がなかった台湾やタイの元慰安婦達は「日本の兵隊さんは私たちに優しくしてくれました」「日本の軍隊ばかり叩くな」「イギリス兵はもっと悪いことをした」 と反発したが、福島や松井が「それ止めて! 止めて!」と遮り、それでも止めないとマイクや照明を切ったりして発言を封じ込めた。

3.会議は日本政府に強制連行の認定と謝罪と補償を求める決議を採択して終わる。

~要約ここまで~

河野談話が吉田証言を根拠としていないと言い張るならば、当然この聞き取り調査を検証せよと言う事になる筈だ。

これで福島瑞穂の証人喚問のお膳立ては整った。

福島瑞穂は逃げてばかりではなく、そろそろ正々堂々と自らの主張を披露したらどうか?

ようやく過去を清算すべき時が来たのである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ