警察官の無法者中国人への発砲は適法 東京高裁


当然と言えばそれまでだが、平成18年に起きた警察官による中国人への発砲事件で死亡した中国人の遺族による5千万円の損害賠償を求めた訴訟の差し戻された。

「警察官発砲は適法」 中国人研修生死亡差し戻し控訴審 東京高裁

平成18年6月に栃木県警の警察官による発砲で死亡した中国人元研修生、羅成さん=当時(38)=の遺族が県に約5千万円の損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審判決が25日、東京高裁であり、下田文男裁判長は遺族の請求を退けた。

~中略~

スポンサーリンク

差し戻し控訴審で下田裁判長は、警察官の供述について「目撃談などに照らすと整合性がある」と指摘。警察官が「自らの生命を守るために発砲を余儀なくされたことにはやむを得ない」として、発砲が適法に行われたと判断した。

スポンサーリンク

警察官に石で殴りかかるという事自体が日本人にとっては考えられない行為だが、もしも殴りかかられた相手が警察官ではなく一般人だったならどうなっていただろうか?

中国人は人を殺すのに石を使う事がある。

この動画は一般市民が泥棒にリンチしている動画だが、倒れている相手に大きな石を投げつけている。

こんなことをされてはかなりの確率で死亡すると思うのだが、これが中国人の一般市民の感覚なのだろう。

中国人による日本国内での犯罪は大々的に報道しなければ呑気な日本人はその危険性に気付く事は無い。

自分や身の回りの人が痛い目に遭って初めて気が付く人も多いだろうが、気付いた時には既に遅しとなるような重大な犯罪に巻き込まれてしまう可能性だってあるのだ。

そうならないように害国人は安易に日本国内に入れてはならない。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ