テキサス親父VS河野洋平 公開討論申し入れ

テキサス親父が挑む河野洋平氏との“直接対決” 公開討論申し入れ

日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野談話」を発表した河野洋平元衆院議長(77)に、「テキサス親父」こと米評論家のトニー・マラーノ氏(65)が“直接対決”を挑む。

2人は来月、山口市民会館で同じ日に講演会を開くため、関係者が公開討論を申し入れたのだ。

スポンサーリンク

慰安婦問題に対する2人のスタンスは両極端だ。

河野氏は、ずさんな調査のまま、慰安婦募集の強制性を認める談話を発表して韓国を喜ばせた。

マラーノ氏は、ワシントンの国立公文書館から「慰安婦=戦時高給売春婦」と記された報告書を取り寄せ、慰安婦問題の真実について世界に向けて公表している。
この2人が6月21日、急接近する。

まず、河野氏は、山口の民間企業が主催する「山口市民文化大学」の講師として登壇する予定。

会場は市民会館大ホールだ。

一方、マラーノ氏は、河野談話の撤廃を求めるグループ「歴史認識を糺す実行委員会・山口」の招待で、隣室の展示ホールで講演を行う。

同グループは「慰安婦の真実パネル展」も開き、慰安婦問題の矛盾点や疑念を訴える。

同会の加治満正氏は「国民が注目する慰安婦問題について、まったく意見の違う2人が同時刻に同じ市民会館にいる。

ぜひ、日本と日本人の名誉のために、2人で討論してほしい。

マラーノ氏が快諾したため、河野氏の自宅にも27日、参加を呼び掛ける文書を郵送した。

衆院議長まで務めた政治家なら、堂々と参加してくれるのではないか」と語る。

河野氏は慰安婦問題をめぐる産経新聞などの取材を拒否し続けているが、今度こそ逃げないでほしいものだ。

新聞の取材も逃げ続けている河野氏のことだから、まず直接対決など実現する可能性はないが、記事としては面白い。

ところで、これだけ重大な国際問題に発展し、世間を騒がせている河野談話発表の張本人が何の公演かと「山口市民文化大学」のサイトを見てみたが、残念ながら閉鎖されている。

山口市民文化大学

しかも閉鎖されたのは今年の5月に入ってかららしい。

理由としては、講師の写真肖像権の問題としているが本当だろうか?

ならば講師の写真を掲載しなければ良いだけだと思うのだが…。

今回の河野洋平氏の公演についての情報公開で炎上したのかも知れない。

何れにせよ、これだけの問題を起こした重要人物でありながら、取材も応じず逃げまくるような公人に公演の機会を与えるなど、まとも神経ではないだろう。

しかも未だに的外れな批判を繰り返している。

まさに労害である。

スポンサーリンク

「中国を仮想敵国にしている」河野氏が安倍外交を批判 談話検証には「冷静に結論を」

河野洋平元衆院議長は29日、東京都内で講演し、安倍晋三首相が集団的自衛権の行使容認を目指していることについて「(議論は)あからさまに中国が仮想敵国になっている。

『わが国の平和と安全を守る』というより、外交的に隣国と話をすることが先で、その方が効果的だ」と批判した。

さらに、首相が掲げる「地球儀外交」を引き合いに、「世界中を飛んで歩いているのは尊敬するが、深刻な問題を抱える隣の国だけ行かないのは、いかがなものか」と指摘し、「島(尖閣諸島)の問題と歴史認識の問題をなんとかしないといけない」と主張した。

一方、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」に関しては、政府が進める談話作成時の検証作業を念頭に「できるだけ静謐(せいひつ)な状況の中で冷静に話をし、結論を導き出してほしい」とだけ語った。

相手が明らかに日本を仮想敵国として来ているのに、こちらは仮想敵国を設定しないとは何事だろうか。

ところで、河野洋平氏の河野談話バッシングの煽りが、長男である河野太郎氏のもとにまで及んでいるそうだ。

河野太郎氏「俺がなにかしたか?」 「河野談話」問題で絡まれプッツン

ツイッターでの面倒な絡みに、自民党副幹事長・河野太郎氏(50)の堪忍袋の緒が切れた。

いわゆる「河野談話」の責任をなすりつけるようなリプライが寄せられ、「俺がなにかしたか?」と怒りのツイートを投稿したのだ。

~中略~

河野氏は8月12日にも「官房長官談話は政府の公式見解であって、談話を発表した時の官房長官がどうこうできるものではないということすら知らずに、官房長官談話のことについて何か言ってみる輩が多い」と怒りをにじませたツイートを投稿した。

なるほど、父親の事だから自分には無関係・・・ですか。

この人は父親が政治家でなくとも、現在の地位にあるでしょうか?

都合の良い事は利用し、都合の悪いことは無関係、なるほどご立派です!

「官房長官談話は政府の公式見解であって、談話を発表した時の官房長官がどうこうできるものではない」

つまりはただのお飾りって事ですかね。

これは重要なポストにありながら、政治家として政策の内容の精査もせずに、周りの意見に押し流されて売国政策でも推進すると言う事です。

こういうのを責任逃れと言います。

河野一族は親が親なら子も子という事ですね。

こんな世襲の腐れ政治家は要りません!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ