ASKAとパソナと創価学会


連日の様に「CHAGE and ASKA」の飛鳥涼こと、宮崎重明容疑者の覚醒剤剤取締法違反容疑についての記事がメディアを賑わせている。

ネット上では「シャブ&ASKA」だの、それはCHAGEにとっては風評被害だから「CHAGE&シャブ」だ、などと揶揄されている。

それはさておき、どうやらこの事件は創価学会が絡んでいるようだ。

ASKAと一緒に逮捕された女はパソナ代表・南部靖之氏の秘書だった!

スポンサーリンク

5月17日にミュージシャンのASKA(56)とともに逮捕された栩内香澄美容疑者(37)は、パソナグループの企業に秘書として勤務していたことが分かった。

?特に代表の南部靖之氏(62)に目をかけられ、主に政財界のVIPを、南部氏主催のパーティーなどで“接待”する役割を担っていたという。

?ASKAも南部氏とは親しく、パーティーで歌を披露することもあった。

~中略~

ASKAは芸能界にも顔が広く、「ASKAと関係が深く、栩内が勤めていたパソナルートも重要な捜査対象」(麻薬Gメン)というだけに、今後の捜査の行方が注目される。

パソナ代表の南部氏は夫妻ともに創価学会員で、ASKAはパソナの社宅として賃貸されていた、愛人の栩内香澄美容疑者のマンションに通っていた。

“ASKA共謀”栩内容疑者 現場は社宅…薬物服用し性行為か

栩内容疑者の東京・南青山のマンション一室は「彼女のために社宅として借りた物件」だと説明。家賃は約13万円。

同社が社宅を用意したのはこれが初めてで、社長が栩内容疑者を高く評価していたことがうかがえる。

南青山は栩内容疑者の希望だった可能性が高く、社長は「芸能人と触れやすい南青山で社宅を借りてしまったことが、彼女の性格が変わってしまった原因なのだろうか」と自らを責めた。

スポンサーリンク

栩内容疑者がミュージシャンと近くの飲食店を訪れる姿も、度々目撃されている。

ASKA容疑者とはあるパーティーで、出向先の会社社長から紹介されて知り合ったという。

パソナが社宅を用意した前例がないという時点で、何かの意図があってASKAにあてがわれたのではないかとの疑いが持たれる。

「主に政財界のVIPを、南部氏主催のパーティーなどで“接待”する役割」大体これで想像がつくだろう。

00001jpg

因みにパソナは2009年に竹中平蔵を取締役会長に迎えており、前原誠司夫人は、創価短大卒業後に「パソナ」で、南部靖之の個人秘書を務めていたという。

前原氏の衆院初当選の際には相当な援助を南部氏から得ていたと言う事である。

慰安婦騒動を起こした吉松育美も元南部氏の秘書であるという。

E59089E69DBEE882B2E7BE8E01

「ASKAと関係が深く、栩内が勤めていたパソナルートも重要な捜査対象」(麻薬Gメン)との事だが、警察にも官僚にも政界にも財界にも、芸能化にも創価が蔓延っているので、芋づる式に逮捕者が出ることは期待できない。

また真実は闇に葬られるのだろうか…。

この国を浄化するには、かつてインドネシアのスハルト大統領が実施した、共産勢力の一掃作戦並みの覚悟が必要なのかも知れない。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ