韓国に対する米軍の本音


先日、青山?晴氏がハワイの米軍太平洋艦隊司令部を訪問した。

青山氏によると、米軍の意図としては、第二次安倍政権となった日本は、今までのようにただアメリカの言いなりになっているばかりでなく、アメリカに対して物を言うようになったが、それに対して民間人から「日本は今後どのような道を進もうとしているのか」「米軍との安全保障最前線での関係はどうなるのか」というような事を聞きたいというものがあったとの事である

この中で米軍が韓国をどう見ているのかという話が出てきたのだが、米軍は韓国に大して非常に厳しい評価をしており「朴槿恵大統領は過去の事ばかりに執着し、将来的な話を全くしない」「国内の批判をかわす為に、国外に敵を作っている」などと批判している。

また、青山氏が自衛官の分析を根拠として「韓国海軍は海軍力がほぼ無きに等しい北朝鮮ではなく、明らかに日本の海上自衛隊を仮想敵としている」主張したことに対して、米軍側も韓国にはほとほと困り果てているとの事である。

スポンサーリンク

米軍の見方は、朴槿恵大統領の行動は明らかに異常であるが彼女なりの落としどころ、つまり「村山談話・河野談話を日本が見直さない事など」があるのではないか、日本には大人の対応をして貰いたい、我慢をして貰いたい、などである。

スポンサーリンク

いざ朝鮮半島で有事が発生した際、陸軍は韓国、空海軍は日本に駐留している米軍としては、日本と韓国の関係が良好に保たれていなければ対処出来なくなる、というのが本音のようである。

米軍の見方は親日的ではあるが、甘いと言わざるを得ない。

なぜなら、日本が大人の対応をすればする程、韓国は更なる要求を突きつけてくる儒教文明国家である事を理解していないからだ。

日本は現代ではようやく最近になって、この中韓という儒教文明国家の特徴を理解し、毅然とした態度で否定するという外交方針を打ち出すようになって来たが、アメリカはまだまだこれを理解している政府高官や知識人は少なく、それが「日本が我慢すれば解決する」という答えを導き出しているのだろう。

だがそれは大間違いである。

幸いな事に、アメリカも日本の言い分に少しは耳を傾けるようになってきた。

しかるに日本政府は、中韓という儒教文明国家の特性を欧米の国家に正しく理解させることに最大限の努力を払う必要があるのだ。

アメリカが韓国に対して「ふざけた事ばかりしていると見捨てるぞ!」と言えば済むことだ。

もちろん、日本もそれを言うべきだが、何れにせよそれにはアメリカの理解が必要なのである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ