元慰安婦がライダイハン問題を提起

韓国の元慰安婦がベトナムを訪れ、ライダイハン問題やベトナムにおける韓国軍の虐殺に対して政府に謝罪と真相究明を求めている。

「韓国軍のベトナムでの性暴力、謝罪を」元慰安婦ら会見

韓国人の元日本軍慰安婦と支援団体代表らが7日、ソウルで記者会見し、ベトナム戦争に参戦した韓国軍による「ベトナム人女性に対する性暴力や民間人虐殺」について、「韓国政府が真相を究明し、公式謝罪と法的責任をとるように」と訴えた。

スポンサーリンク

会見した元慰安婦らは毎週水曜、ソウルの日本大使館前で「日本政府の公式謝罪と賠償」を訴え続けている。

支援団体関係者が2月にベトナムを訪れ、ベトナム戦争時に韓国軍から性暴力を受けた女性や、その子供らと面会

。女性たちは「社会で蔑視され、苦しい生活を余儀なくされている」と訴えたという。

元慰安婦の金福童(キムボクトン)さんは「同胞が犯したことは韓国政府が解決すべきだし、知らないふりはできない」。

支援団体の尹美香(ユンミヒャン)代表は「私たちが望むのは慰安婦の悲劇が繰り返されないことだ。日本政府に求めるだけでなく、我々自ら平和をつくりたい」と話した。

スポンサーリンク

韓国軍のベトナム戦争参戦時の行為に関しては、故・金大中(キムデジュン)大統領が2001年のベトナム訪問時の首脳会談で「ベトナムの人々に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と述べた。(ソウル=中野晃)

ライダイハンについては、こちらを参照頂きたい。

李明博氏 ベトナム政府の逆鱗に触れ国賓訪問一時拒否された

韓国内ではタブー視されてきた問題だけに、これは正直驚いた。

この記事を額面通りに受け取れば、自国の侵した罪に対する金福童氏の主張は至極まともである。

だが、慰安婦問題の争点となっているのは、売春婦として多額の給料を貰いながら追軍していた慰安を「官憲が強制連行し、性奴隷化した」かどうかである。

嫌な予感がしてならないのは、これは政府とグルであり、韓国政府がライダイハンの事実を公式に認めて謝罪をし、そして「韓国は罪を償ったのだから、日本も償え」となりはしないかと言う事である。

犯した罪は償うべきだが、犯していない罪などは償えない。

これでは、肉を切らせて骨を断とうとする究極のプロパガンダだ。

そうならない事を祈る。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ