アメリカの支配から脱出せよ


そろそろ日本人も日米安保について、本気で考え直す時が来たのではないか?

今まで散々アメリカに振り回されて来た日本だが、現在のアメリカは、かつてないほど内向きになっている。

「中国ばかり見ている」オバマ政権は100%信頼できるか

先月20日、米ホワイトハウスの手狭な記者会見室は、内外メディアの記者でごった返していた。

スポンサーリンク

オバマ大統領の年内最後の定例記者会見。笑みを浮かべ姿を現した大統領に、ホワイトハウス詰めの記者から厳しい質問が飛んだ。

「大統領が描いた政策は、就任からこの5年間でほとんど実現していない。国民の大統領への信頼は失われている。そのことを分かっているのか」

支持率は大統領就任以来、最低の41%。オバマ大統領は、厳しい表情で「良いことも悪いこともあった。

世論調査の結果を気にするようであれば、私は大統領に立候補していなかっただろう」とかわした。

5年前に初の黒人大統領として熱狂をもって迎えられた当時の姿は、見る影もない。

メディアにも不評だ。ある米国人記者は「オバマ政権はメディアの取材や、情報の開示を厳しく制限し透明性を欠いている」と顔をしかめる。メディア側が抗議するなど、ホワイトハウスとの軋轢(あつれき)は絶えない。

世界に目を転じると、オバマ大統領が良好な関係にある首脳や国を探すのは難しい。

ロシアとはどうか。

オバマ大統領が「プーチン氏(大統領)が復帰してから、冷戦思考が強くなった」と非難すれば、プーチン大統領も「近年、米国が武力行使した国で、民主主義が根付いた国があったか」とやり返す険悪な仲だ。

米国への信頼が低下している中東では、同盟国であるイスラエルなどとの関係もぎくしゃくしている。欧州や中南米とも、米情報機関による盗聴、情報収集問題を主要因に、しかりである。

こうしてみると、日米関係は良好なのだが、それでもオバマ政権は、日本にとり100%信頼できる相手なのだろうか-という不安がつきまとう。たとえ99%は信頼できようとも、残りの1%は危惧を抱かせるところがあるのだ。

安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する異例の「失望」表明が、まさにそうだった。

そこで気になるのが、オバマ大統領の「日本・安倍観」なのだが、政府関係者らに尋ねると、思わしい答えは返ってこない。

見方の最大公約数は「日本のことはほとんど考えていない」であり、安倍首相とは「肌が合わない」というものだ。靖国参拝後は「安倍首相の判断を信頼しておらず、責任ある同盟者とみなしていない」という、驚くべき声まである。

かつてレーガン大統領は中曽根康弘首相、ブッシュ大統領は小泉純一郎首相とファーストネームで呼び合う個人的な信頼関係を築いた。保守同士の組み合わせだ。

そこへいくとオバマ大統領はリベラル、市民政治家的で、保守の安倍首相と「肌が合わない」としても、うなずける。

最近、「保守の国際主義」を出版したジョージ・ワシントン大学のヘンリー・ナウ教授に会うと、オバマ大統領を国内問題を優先する「リベラルなナショナリスト」、安倍首相を「現実主義者」と位置づけた。

気がかりなのは「オバマ大統領は、中国が呼びかけた『新型大国関係』に乗ろうとしており、中国ばかりを見ている」(元米政府関係者)という点だ。

中国は新型大国関係を構築し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の問題などで米国に口も手も出させないことを狙っている、という「中国の罠(わな)」論も聞かれる。

日米の決定的な相違として浮かび上がるのは、対中脅威認識の格差である。

中国は日本にとり「眼前の脅威」だが、オバマ政権は「差し迫った脅威ではない」と認識している。

オバマ政権にハシゴを外される恐れ、なきにしもあらず…。日本は転ばぬ先の杖(つえ)を手にしておく必要がある。(青木伸行)

日本にとって今のアメリカは100%信頼できるか?どころではなく、全く信用出来ない。

はっきり言って、オバマ大統領は日本の事などに興味はなく、中国と出来るだけ揉め事を避けながら、中国市場を喰いたいだけなのである。

アメリカには中国に対する3つの考え方をするグループがあると言う。

スポンサーリンク

アメリカの新・中国戦略を知らない日本人

新品価格
¥1,575から
(2014/1/20 23:03時点)

以下引用

1つは、民主党の左寄りのリベラルなグループや『ニューヨーク・タイムズ』で、いまの中国と協力して国際社会を動かしていこうというグループである。

もう1つは、中国が資本主義化を進めて経済的に豊かになれば、やがて民主主義制度に移行し、平和勢力として優れたアメリカの同盟国になるだろうと考える人々である。

このグループは、キッシンジャー・グループと重なるが、すでに述べたように、現在のオバマ政権にはキッシンジャー・グループの人々が大勢いる。

3つ目のグループは、独裁的な中国の共産主義体制を滅ぼさなければならないと考えているブッシュ前大統領のグループである。

その中核は、共産主義を悪魔だと主張してソビエトを滅ぼすことに全力を挙げたレーガン大統領を信奉するグループで、「レーガン・リパブリカン」と呼ばれている。

以上の3つのグループは中国に対する姿勢がそれぞれ違っているが、現実問題としてはっきりしているのは、中国がアジアにおいて帝国主義的な領土への野心を明確にしていることである。

南シナ海や東シナ海だけでなく、中国は各地で領土拡大の動きを見せている。

オバマ大統領を始め、リベラルなアメリカ人達には、紛争に巻き込まれずに済む中国との協調が最も好まれている。

心情的には、かつての残虐で差別的な、覇権主義のアメリカよりも好ましく思える。

しかしながら、国際的な常識が全く通用しない中国の領土的野心に常に晒されている日本にとっては全く好ましくない事態なのである。

そして民主党が政権を握っている限り、中々今の状態から抜け出す事は難しいだろう。

その間に中国は着々と軍備を充実させ、ますます日本や東南アジアの脅威となってなって行くのだ。

日本の狂ったマスゴミは、何かと言えば「アメリカが本気で怒っている。日本は見捨てられる。」などと妄言を吐くのであるが、心配しなくても既に見捨てられているから大丈夫なのだ。

流石に日米安保条約に従って、有事の際は米軍は動くだろうが、それはアメリカにとって最悪のシナリオである。

極力その事態を避けたいアメリカは日本の国益などはどうでも良いのだ。

まあ、日本の国益などどうでも良いのは昔からなのであるが、対中政策に関しては、悲しいほどにアメリカと日本の利害が一致しないのである。

オバマ政権は、こに来て急速に国際的な軍事的影響力を落として来ており、しかもまだ任期は後3年も残っている。

日本にとってはピンチである。

しかし、裏を返せばチャンスでもあるのだ。

それは、今の対外的に不干渉のオバマ政権だからこそ、日本が戦後70年間にも及ぶ、アメリカの支配から抜け出せる可能性が大きくなるからだ。

その為には、マスゴミが現在のアメリカの内情や国際情勢を正しく理解し、報道する事。

そして日本の防衛能力向上の必要性をマスゴミと国民が理解する事。

政府は米・中・韓には毅然とした外交を行い、東南アジアやアフリカには、日本の誠実さを前面に出した外交を行う事。

これらが必要になるのだ。

今の極東アジアは中国が主導権を握っているかの様に見えるだろうが、実はキャスティングボードは日本が握っている。

中国とアメリカの姿勢は当面の今のままだろう。

両国の姿勢が今のままであるという事は、東南アジアや極東アジアでの中国の覇権が拡大されるという事である。

韓国はおそらく中国に付くだろう。

そして、東南アジアは対中強硬姿勢を徐々に強めて来ている。

今こそ、アメリカからの将来的な自立を本気で目指し、東南アジア諸国と手を結ぶ事で、中国の領土略奪を封じ込める事を考える時なのである。

個別的自衛権だけでは、南シナ海のシーレーンは守れない。

そして、アメリカの手を借りなければ自衛隊はまともに戦えないそうである。

田母神氏が都知事に当選すれば、嫌でもメディアへの登場機会が増えるだろう。

そうなれば、徐々に国民の意識も変わって行くのではないか?

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ