朝日新聞強制購読 札幌市北星学園大学


こんな大学に子供を通わせたくない。

まなあさ まなぶ@朝日新聞)講義×新聞で知る社会 語彙・読解力検定受け付け中 朝日デジタル

新聞を活用する講義は週1回あり、年間で30コマに及ぶ。新聞購読費用は大学が負担し、経済学科の1年生約180人全員の自宅に、朝日新聞の朝夕刊が毎日届けられる。

~中略~

スポンサーリンク

一連の講義は、新聞記事をはじめとする様々な情報やその背景を読み解き、自らの頭で判断する「メディアリテラシー」の育成も目的としている。

原島教授や勝村准教授らが毎週、様々な記事について丁寧に解説するのが基本。

スポンサーリンク

一方で、新聞協会賞を受賞した、福島原発事故を巡る長期連載「プロメテウスの罠(わな)」を企画した依光隆明編集委員をはじめ、朝日新聞の専門記者たちの話を聞く機会も設けられている。

学生たちに新聞の取材、執筆、編集の過程を知ってもらい、ニュースをより深く理解してもらおうというものだ。

朝日新聞を強制購読させられた上に朝日新聞を教材としている時点で歪んだ教育を施されていると言えよう。

福島原発事故を巡る長期連載「プロメテウスの罠(わな)」を企画した・・・もうガクブルものである。

こんな国家を貶める事を社是とした、偏向イデオロギーの塊のような新聞社の跋扈を許してきた日本の社会の異常さを是正しなければ、日本は普通の国にはなれない。

それを正すには異常なものは異常であると大声で言わなければならない。

植村隆元朝日新聞記者を非常勤講師として迎え入れ、朝日新聞の購読を学生に強要する北星学園大学は明らかに異常な大学である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ