韓国籍 金龍浩がタクシーで轢き逃げ


日本では考えられないような事件である。

客乗せたタクシー、交差点でひき逃げ…男性死亡

6日午前0時25分頃、埼玉県川口市末広の市道交差点で、近くの無職山盛栄三さん(73)がタクシーにひかれた。

山盛さんは頭を強く打つなどして病院に運ばれたが、約1時間後に死亡した。

スポンサーリンク

タクシーはそのまま逃走し、川口署は同日午後、タクシーを運転していた韓国籍の同市西青木、運転手金龍浩容疑者(64)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

これが中国や南米など、治安の悪い国で起きたならばさほど驚きもしないが、残念ながら日本で起きた事件だ。

もはや在日朝鮮人だから…というつもりはない。

スポンサーリンク

最近報道される犯罪の傾向を見ていると、オレオレ詐欺やLINE乗っ取り、冬タイヤや車の盗難、転売など、人口比を考えるとかなりの確率で容疑者が外国籍となっているように思う。

徐々にだが、確実に日本はかつてのように安心して暮らせる国ではなくなってきている。

多文化共棲とは犯罪の多様化と背中合わせである。

大金持ちでセキュリティーにも金を掛けられる富裕層はまだ良い。

犯罪の増加で一番割りを食うのは、やはり中流層である。

一生懸命働いて買った物、貯めた金を犯罪行為で失う事はどれだけ酷な事だろうか。

害国人を安易に受け入れるべきではなく、既に入ってしまった者の犯罪に対しては厳罰を以って対処しなければ、日本の刑務所が快適だとほざく害国人共の犯罪は増加の一途と辿る事だろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ