集団訴訟で朝日をKO!?


名誉棄損による集団訴訟の動きが出る?

週刊新潮の2014年9月4日発売号によると、法曹やマスコミの関係者から朝日に対して集団訴訟を起こそうという動きが出てきた。

慰安婦の強制連行があったかのような誤報による名誉棄損で損害賠償などを求めるというのだ。

事では、10~20人の新聞購読者からなる原告団を結成し、1年後にも訴訟を起こすことを検討しているとする。

スポンサーリンク

さらに、100万人単位で補助参加人の署名を募ることも考えているという。

ネット上では、日本軍兵士らの遺族らの被害を訴えれば、十分訴訟になるのではないかとの声も出ている。

購読者離れと企業からの広告収入の原書に加えて、賠償金の請求と具体的に朝日新聞にダメージを与える動きが満載である。

集団訴訟ネタについては誤報に対する購読料の返還を求める案も浮上しているが、これは実現が難しいようだ。

スポンサーリンク

朝日大誤報で集団訴訟の動き 「購読料返せ」はできる?できない?

「新聞には、テレビ番組欄や暮らし面などさまざまな記事がある。こうしたサービスをまったく受けていなかったかというと、そうとも言い切れない。

精神的苦痛を理由にした損害賠償請求訴訟も、具体的な被害や因果関係が証明できない限り難しい」

何れにせよ、ここまで国民の怒りを買った朝日はもう生き残れないのではないか?

生き残れないのは構わないが、慰安婦報道に関する全ての報道の検証と誤りを世界中に発信し、誤解を解いてから解体して貰わなければ困る。

それが最後に残された朝日の使命だろう。

朝日は潰れました。⇒慰安婦の誤解は解けていません。

これでは困る。

やはり日本政府としての正式なスタンスを変更し、毅然とした態度で世界に正しい情報を伝えようとするならば、朝日のみならず、河野洋平や福島みずほなどの関係者の証人喚問は避けて通れない道ではないだろうか。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ