穏健な在日特権批判

過去にヘイトスピーチについて思うことを書き連ねた事があるのだが、将来お縄を頂戴しては困るので多少編集して再アップする。

実際のところ、ヘイトスピーチの線引きが明確ではなく、既に言論統制の圧力を感じるようになってきた。

そもそも、問題なのは今更説明が不要な在日特権が存在し、在日特権を行使しつつ「差別だ!差別反対!」と叫ぶ悪玉在日がいるという事実だ。

スポンサーリンク

ここまではヘイトスピーチではなく、事実を述べただけである。

生活保護の不正受給や通名を使用しての犯罪を糾弾する事にはなんの問題もないが、ややこしくなるのが日本に溶け込んで全く日本にとって有害にならない善玉在日である。

彼らの出自を考えると、多くが不法入国者の末裔であるのだが、個人の直接の罪ではない為、不法入国者の末裔であるという事実だけで差別すべきではない。

幸か不幸か、私の身近に在日朝鮮人はいない・・・というよりも在日朝鮮人は大半が通名を使用し、出自を隠してしまうのでいても分からないし、よって親近感も全く湧かない私には遠い存在である。

在日一世は強制連行で日本に連れてこられた訳ではなく、自らの意志で残留、もしくは朝鮮戦争のドサクサで不法入国、そして日本を選んで定住したのだ。

戦前~戦後の史料を見れば朝鮮民族と大和民族の文化・風習の違いは明らかであり、異質な物に対する警戒心やそこから差別意識が生まれるのは人間の本能である。

大和民族ならば決してやらないような行動をやらかす異民族が、自らの意志で日本に住み着き、日本人の中に紛れて生きている状況が続いているのが現在の日本である。

日本人は在日朝鮮人が、終戦後に半島に帰還してくれる事を願った訳だが残念ながら彼らは帰らなかった。

自ら異民族の支配する国に土着し、横暴に振る舞ってきたのだから、日本人は自己防衛の為に異質な物を差別し、排除せざるを得なくなる。

差別の温床となっているのは、在日特権とそれを利用した横暴な振る舞いである。

2世以降で日本人に同化した帰化人も多いだろうが、一方で帰化はしつつもアイデンティティは在日、という者が多い為、実際のところ帰化人についてはそのアイデンティティーを推し測ることは不可能である。

不可能であるが為、なおさら我々日本人にとって警戒の対象となるのも仕方ないのではないだろうか。

何よりも日本人にとって危険なのは、帰化しているか否かに関わらず、彼らが在日朝鮮人という「強いアイデンティティ」を保っていることである。

ただし「強いアイデンティティ」=危険である、と言う事ではなく、危険になるにはいくつか前提がある。

仮に、私が外国に移住したとして、どういう心構えでその国で暮らすかを考えてみよう。

日本人としての「強いアイデンティティ」を持っている為、同胞の為に模範的な日本人として、その国の人達に「日本人は素晴らしい」と一目置かれるように振舞うだろう。

そして出来るだけその国にも、日本にも貢献出来るような行動をしたいと思うだろう。

帰化については全く想像出来ないし「強い民族アイデンティティ」を持つ気持は分からなくはない。

それ故に母国で子供を育てたいと思い、外国に骨を埋め様とも考えないのである。

スポンサーリンク

「強いアイデンティティ」が危険になるのは次のケースだ。

・移住先の国に貢献し、模範的行動で母国の評判を上げる意思がない。

そもそも最初から通名で存在を隠している為、仮に在日が日本に貢献するような事をしても全く見えてこない。

そして時々ニュースで見かける在日や帰化人は、自分達の保護ばかりを主張し、犯罪に手を染めている者が多いのである。

つまり、在日朝鮮人の中に善玉・悪玉がいたとしても、通名がある限り全体としては得体の知れない悪玉反日集団にしか見えないのである。

ここに日本人の責任があるだろうか?

責任があるとすれば、悪玉在日の悪事を隠蔽してきた悪玉反日日本人達である。

まともな日本人なら、得体の知れない悪玉反日集団をこのまま放って置く訳に行かないと考えるのが自然である。

個々には善悪があっても、集団としては害になり、思想調査ができない以上は、アイデンティで善玉か悪玉で区別をする事は不可能だ。

となれば、集団として日本にいて欲しくないと考えるのは止むを得ないのではないか?

断っておくが、私個人は在日朝鮮人に対して個人的な恨みなど一切持っていない。

隠されているだけで、ひょっとすると身近に在日朝鮮人がいるかも知れない。

小学校の同級生には当時親から聞いた限りで、1~2人はいたと思うが、だから云々と親も言っておらず、特別差別的な感情など持っていなかった。

もし、身近な人に在日であることを打ち明けられたなら?

その人がとても尊敬できる様な人であったなら、その尊敬の気持は変わることはないだろう。

しかし、個人の感情と公共心は別物である。

在日朝鮮人の存在は、人間の体に例えていうなら「良性か悪性か判断出来ない腫瘍」だ。

良性の確率が80%、悪性の確率が20%だとして、仮に悪性であった場合は放置すれば癌化し、癌化したら確実に死に至るとすればどうしたら良いだろうか?

大概の人は切除するだろう。

つまり国家の存続と日本人の利益を第一に考えた場合、得体の知れない危険な集団は切除するしかないと思われるのだ。

それは私情ではなく公共心であり、根底にあるのは感情に基づいた排他主義ではない。

以上のように私は考えているのだが、今後場合によってはこれしきの意見を述べただけでも規制の対象になるかも知れない。

甚だしい言論弾圧である。

「ヘイトスピーチを規制せよ」という発想は、以下のような条件に当てはまる者から発せられるのだろう。

1.悪玉在日朝鮮人・帰化人

2.善玉在日朝鮮人・帰化人

3.上記1・2との関わりが深い日本人(利権絡み等も含む)

4.善玉在日朝鮮人が気の毒と考える日本人

5.だたの反日思想の持ち主

厄介なのは、ヘイトスピーチを批判するのは全て4を装った者達であるという事だ。

ヘイトスピーチの規制などしなくても一般の日本人は全く困らないと思うのだが・・・。

むしろ、在日特権とそれを匿う反日日本人のお陰で一般の日本人が困っているのだし、ヘイトスピーチの温床となる在日特権を撤廃する事を先に考えるべきである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ