吉田調書をも歪曲 慰安婦で解約増加の朝日が自滅

 以前【吉田調書を公開せよ 福島第一原発】という記事を書いた。

公開そのものについては、自由で公平な原発議論の活性化に繋がる事から賛成ではあったが、やはり朝日は自由で公平な議論を促すつもりなどさらさらなく、またもやデマと印象操作で国民を欺く事が目的だったようだ。

慰安婦報道に続き朝日Wパンチ…福島原発「撤退誤認」リーク元は政府か

朝日新聞は5月20日付の紙面で「所長命令に違反 原発撤退」というタイトルで、震災直後の3月15日に第1原発にいた所員の9割に当たる約650人が、吉田所長の待機命令に背いて10キロ南の福島第2原発に撤退したと報じた。

スポンサーリンク

これに産経新聞は調書の一部を独占入手した上で、吉田所長の命令に違反し所員が勝手に現場を離れたことはないと断定。吉田所長から「退避」は指示されたものの、朝日新聞の言う「撤退」はなかったと強調した。

スポンサーリンク

朝日はメンタリティーだけでなく、頭も悪い救いようのない低脳なクソメディアだ。

これは命懸けで福島第一原発の現場を守った東電の職員の方々を侮辱しているのみならず、古来から数々の難局を自己犠牲の精神で国家を守ってきた先人達から引き継がれた「日本人らしさ」をも侮辱している。

事実、慰安婦の事実誤認以降、年間購読している一般購読者の解約が後を絶たないという。

同紙関係者は「一般読者だけでなく、企業も『慰安婦の誤報は許せない』と広告出稿を控える事態になっている。社内でも深刻な問題として捉えている」と話す。

もはや生粋の日本人からは必要とされていないのだから、慰安婦捏造問題も含めてさっさと廃刊にすべきである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ