神奈川県議 横山幸一が脱法ドラッグ所持で逮捕


塩村、野々村に続き、このところ、地方議員の不祥事が相次いでいる。

自民党神奈川県議、横山 幸一が脱法ドラッグ所持の容疑で逮捕された。

神奈川県議会 議員のご紹介 横山 幸一

氏   名 : 横山 幸一
よみがな : よこやま こういち
会  派 : 自民党
選 挙 区 : 横浜市鶴見区
委 員 会 : 環境農政常任委員会

スポンサーリンク

規制対象の違法ドラッグ所持容疑 前神奈川県議を逮捕

規制対象となっている違法ドラッグを所持していたとして、神奈川県警薬物銃器対策課などは16日、薬事法違反の疑いで、前県議の横山幸一容疑者(41)=横浜市鶴見区下末吉=を逮捕した。

逮捕容疑は6月26日、横浜市神奈川区青木町のマンション一室で指定薬物の通称「α-PHPP」を含む粉末を所持していたとしている。

スポンサーリンク

同課によると、同日に女性から「彼氏が暴れている」と110番通報があり、横山容疑者が借りているマンションの部屋を調べたところ、脱法ドラッグとみられる物質の入った袋を複数発見。鑑定の結果、規制対象となっている指定薬物が検出されたという。

横山容疑者は当時、横浜市鶴見区選出の県議で自民党に所属。6月30日に県議会議長に辞職願を提出し、今月8日の県議会本会議で許可された。

国会にも地方議会にも、国民を騙して投票させるようなペテン師が多い。

社会問題を解決すべき立場の政治家たちがこれでは話にならない。

強者に都合の良い日本の選挙システムを見直さなければ、このようなゴミ政治家もどきは減らないだろう

日本の選挙は供託金が高すぎるし、何せ地方選ともなれば、情報不足で議員の人となりや政策が中々見えてこない。

資金や組織力がない者でも、充分に有権者に政策をアピールできるような仕組みを考えなければ日本の政治はいつまでも一部の既得権益を持つ者たちに利用されるだけの状況が続くだろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ