中国人機密情報不正入手事件 懲役2年は適当か?

企業にとっても高技能外国人は諸刃の剣である。

中国人社員に懲役2年求刑 機密情報不正入手事件「動機、手口極めて悪質

工作機械大手ヤマザキマザック(愛知県大口町)から機密情報を不正入手したとして、不正競争防止法違反罪に問われた中国籍の元社員唐博被告(33)の論告求刑公判が7日、名古屋地裁(景山太郎裁判長)であり、検察側は懲役2年、罰金100万円を求刑した。判決は8月20日。

検察側は論告で「設計図面を売って利益を得ようとして、知人の中国の地方政府職員に買い手を探すよう求めたが売却できなかった。動機や手口は極めて悪質だ」と指摘した。

スポンサーリンク

弁護側は「データは社員なら誰でも閲覧できるページからダウンロードしており、アクセスが制限された情報ではなく、利益につながるほどの有用性もなかった」として無罪を主張した。

起訴状によると、平成23年8月、自らのIDで社内サーバーにアクセスし、機密とされた工作機械1機種の部品の設計図面や製法に関する情報計6件をハードディスクに複製、取得したとしている。

懲役2年と罰金100万円では同様の事件は後を絶たないだろう。

盗んだ機密によっては100万などゴミのような金額となるのだから、罰金はまったく犯罪の抑止力たりえない。

懲役2年も然り。

法整備もせずに外国人労働者の受け入れ規制緩和などすれば、結果は誰でも想像出来るくらい明らかなのだが、ほとんどの政治家が規制緩和に賛成なのである。

シンガポールを移民の成功例のように言う者がいるが、原則としてシンガポールは性悪説に基づき厳しい刑法で秩序を維持している国であり、階級社会でもある。

日本を金が支配する階級社会にしたいのか?

アメリカでは既に階級化が進み、階級間の移動は非常に困難になっている。

アメリカンドリームは死んだのだ。

一度階級化が進めば、階級は世襲となり、ほぼ世襲で受け継がれ、階級の固定化については江戸時代の封建制と実質的に変わらなくなる。

封建制には良い面も悪い面もあった。

現代人の価値観では身分の固定は不平等に感じられるだろう。

しかし一方では、契約の概念や組織に対する自己犠牲の精神など、明治期以降の日本の躍進に必要な要素を養ったという面もある。

スポンサーリンク

封建制の身分の固定を捉えて旧社会的と批判する者達は、何故富による階級の固定化を批判しないのか?

この階級の固定化は、封建制のように日本人の精神を豊かにする事もなく、国家にとっても「悪」、国民にとっても「悪」であり、一握りの上流階級の者にとってだけ「善」である。

なぜこんな「悪」だらけの富による階級固定化を進めようとするのだろうか?

答えは簡単だ。

それを方向付けているのが上流階級に位置する者達だからである。

それは・・・

ボク達でぇす!!

2014y06m05d_185839956

酒池肉林で日本を裏から支配

・パソナ代表南部靖之氏

「週刊実話」より
パソナグループの福利厚生施設『仁風林』で開かれたパーティーに出入りしていた人物のリスト

・安倍晋三首相

・菅義偉官房長官

・田村憲久厚労相

・下村博文文科相

・林芳正農水相

・甘利経済再生担当相

・石原伸晃環境相

・新藤義孝総務相

・森喜朗元首相

・福田康夫元首相

・前原誠司・民主党元代表

・竹中平蔵元総務相

「FLASH」(光文社/6月17日号)

南部氏お抱えの女性社員たちに接待を受けていた政治家たち

・小野寺五典防衛大臣

・山際大志郎前内閣府政務官

・中川秀直元官房長官

・鴨下一郎元環境大臣

香港で南部氏と仲睦まじく手をつないで買い物をしていた愛人の疑いがある女。

「週刊新潮」(6月12日号)

・浮島智子環境大臣政務官

国民をバカにし過ぎである。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ