台湾を反日にさせる、マスゴミによる故宮展を巡る売国行為

 


東京国立博物館での「故宮展」を巡り、お約束の反日メディアがとんでもない事をしでかしたのだが、何と「東京国立博物館」もその売国行為に加担していたようだ。

事の経緯は、台湾の「國立故宮博物院」の名品を展示する東京国立博物館の「故宮展」のポスターから、「國立故宮博物院」の「國立」が消されたバージョンが貼られていた事に始まる。

20140624064850e1b

東京国立博物館の内部では「國立」あり、駅の構内などの外部では「國立」なしのバージョンだったようだが、これが台湾メディアにより大々的に報じられ、國立故宮博物院が東博側が対応を改めない限り、開催を中止すると宣言した。

スポンサーリンク

台湾が「国立」削除に抗議 故宮展ポスターで日本側に

【台北=共同】東京国立博物館(東京都台東区)で24日から始まる「故宮展」を前に、台湾総統府と台北の故宮博物院は20日、日本側が正式名称の「台北国立故宮博物院」から「国立」を削除したポスターを作製し、都内に掲示しているとして抗議する声明を発表した。

日本側に22日午前0時までに修正するよう求め、応じない場合「一切の展示活動を取り消す」と主張し、「名誉団長」を務める馬英九総統の周美青夫人の訪日にも影響すると指摘。
20日に予定していた展示物の梱包を解く式典を中止した。

展覧会の名称は「台北国立故宮博物院―神品至宝―」だが、日本は台湾を国と承認していないため「国立」の文言を使用するかどうか日本側関係者の間で議論となった経緯がある。

故宮などによると、問題となったポスターは主催者として名を連ねるメディア各社が独自に作製。東博によると、中国・北京の故宮博物院を「北京故宮」と記すのと同様に「台北故宮」表記が日本では一般的とし、「国立」を使わないことで各社と合意していた。

反日国家の中国に擦り寄り、親日国である台湾の面子を潰そうとした売国マスゴミは以下の通りだ。

スポンサーリンク

特別展「台北 國立故宮博物院 – 神品至宝 – 」開催決定・調印のお知らせ

【主催等】

東京国立博物館

特別後援:日華議員懇談会

主催:東京国立博物館、國立故宮博物院

NHK、NHKプロモーション、読売新聞社、産経新聞社、フジテレビジョン、朝日新聞社、毎日新聞社、東京新聞

特別協力:TBS、テレビ朝日、日本テレビ、共同通信社、九州国立博物館

特別後援:日華議員懇談会

主催:九州国立博物館、國立故宮博物院

西日本新聞社、NHK福岡放送局、NHKプラネット九州、読売新聞社、産経新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、RKB毎日放送、TVQ九州放送

特別協力:KBC九州朝日放送、FBS福岡放送、TNCテレビ西日本

台湾での取材を捏造報道して台湾人のプライドを傷つけたNHKは言うまでもないが、産経新聞も含まれている。

産経新聞とて、反中嫌韓報道を行っているのは所詮売上を伸ばす為だけなのである。

売れるから反中嫌韓なのだ。

最終的に問題のポスターやチケットを回収し、無事に故宮展は開催されたが、馬英九総統夫人は来日しなかった。

こんな事になったのは、マスゴミ各社・・・おいおい大手メディア全部じゃねえか!

そしてそのマスゴミと「國立」を外す事で合意した東京国立博物館のお陰である。

日本のマスゴミは反日一色であり、東京国立博物館ですらその反日行為に加担している。

こんな異常な国が他にあるだろうか?

~追記~

国立』は何故消えた。中台の仕掛ける罠

このニュースでは、日本の五大メディアは中国国内での記者活動を行なうことと引き換えに、中国共産党とは日本で行なわれる中国に関する報道に関しては『報道協定』を結んでいると報じられました。

今回も裏で中国共産党が、国立と書くなと日本のマスコミに圧力を掛けたのでしょう。思惑通り、台湾もこれで反日となりました。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ