韓国兵が銃乱射し逃走


またもや韓国で有り得ない事件が起きた。

韓国軍兵長が同僚に銃乱射、5人死亡 武装のまま逃走中

21日午後8時15分ごろ、韓国東北部の北朝鮮との軍事境界線に近い韓国軍施設で乱射事件があり、5人が死亡、7人が負傷した。

警戒勤務をしていた兵長が同僚の兵士に向けて小銃を乱射し、銃や実弾を持って逃走している。

スポンサーリンク

事件があったのは、江原道(カンウォンド)高城(コソン)郡にある陸軍部隊の施設。

韓国の聯合ニュースによれば、兵長は銃と手投げ弾1発、実弾75発を持っており、軍当局は付近の検問を強化し、行方を追っている。

スポンサーリンク

韓国では2011年7月にも西部の江華島(カンファド)にある韓国軍海兵隊の施設で兵士1人が銃を乱射し、上官を含む4人が死亡。

05年には南北の軍事境界線に近い部隊で銃乱射事件があり、8人が死亡した。

アメリカでも同様の事件が起きているが、武装したまま逃走とは恐れ入る。

米軍の信頼を更に低下させ、在韓米軍の早期撤退を確固たるものにする為にこの兵長にはさらに大暴れを期待したいところである。

加えて在日の皆様にもそんな荒んだ韓国軍で早く兵役を全うし、母国に尽くして頂きたい。

韓国と断交、在日の皆様も帰国して頂けれは、日本は日本人にとってとても住みやすい国となるだろう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ