政治家と宗教団体


日本の政治家は宗教団体が大好きである。

2014y06m16d_233731923

何故なら、組織票と直接・間接的な金銭的支援期待出来るからだ。

それゆえに怪しげな宗教団体の公演などに出向く政治家が多い。

スポンサーリンク

政治献金にしろ、法人からではなく信者個人からの献金であれば、その実態を把握するのは困難になる。

その見返りとして、宗教団体は何を求めるのだろうか?

無論、政治家と伝統ある寺社との関わりまで否定する国民はいないだろう。

2014y06m16d_233934272

従って宗教団体と政治家の関わりそのものを規制する事は出来ない。

しかし、問題なのは海外ではカルト指定されているような宗教団体との癒着である。

スポンサーリンク

しかも海外ではカルト指定されているのに、日本では多くの信者や立派なビルを持ち、大きな政党の支持母体となっている創価学会という宗教法人もある。

創価学会!殺人リサイクル店経営者夫婦・店に三色旗!実家には公明党のポスター・まさに殺人カルト

本当に見直すべきなのは「宗教法人」として認める条件である。

2014y06m18d_234819041

「宗教法人」と認められさえしなければ、税制の優遇もなく、金の流れも明らかに出来る。

何より、そんな怪しげな団体と関わりを持つ政治家を一般の国民が支持などしようものか、と思うのである。

最高DEATH!!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ